Secondmind、Kai Voigtを戦略相談役に任命

Date January 18, 2023
Author Kate Matthews

Secondmindは、自動車業界のリーダーであるKai Voigtを同社の戦略相談役に任命しました。Voigt氏は、大手モビリティ・テクノロジー企業で数十年にわたる自動車工学の経験を持ち、自動車の設計・開発におけるSecondmindの専門知識を深めます。彼は、マツダのような自動車メーカーが複雑なシステムの設計とパフォーマンスを大幅に最適化し、SDVの持続可能な設計と開発を可能にする次世代MBDソリューションの差別化を支援します。Voigtは、Secondmindの幹部と緊密に連携し、同社の製品戦略や市場参入計画にさらなる弾みをつけることになります。

Voigtは、自動車分野の開発、シミュレーション、テストのリーダーであるAVLの元エグゼクティブ・バイスプレジデントとして、計測・テストシステムの技術およびオペレーションを担当し、同社の製品およびソリューションポートフォリオ、研究開発、オペレーション、アフターセールスを管理していました。AVL入社以前は、Horiba Automotive Test Systems Inc.の副社長として、ソフトウェアおよびメカトロニクス製品群の製品ライン戦略を策定し、実行しました。

ダルムシュタット工科大学で工学博士号を取得し、製品開発、電気自動車、エンジニアリング、戦略開発に長けています。個人コンサルタント会社を通じて、自動車試験領域の新興企業や老舗企業、プライベートエクイティやベンチャーキャピタルに戦略的指導を行っています。

Kai Voigtは次のように述べています: 「私のキャリアの大半は、自動車産業における設計と開発の効率を向上させるために、新興の最先端技術を統合することに重点を置いてきました。SecondmindのDoE・最適化ソリューションが、エンジニアの専門知識とアルゴリズムを融合し、データ効率に優れるアクティブラーニング技術を導入することで、設計・開発における時間と費用を劇的に削減できることを知り、興奮を覚えました。Secondmindのチームと一緒に働き、会社の将来の製品戦略に貢献できることを楽しみにしています。"

SecondmindのCEOであるGary Brotmanは、次のように述べています: 「自動車工学の深い専門知識と鋭い製品勘を持つKaiは、自動車分野におけるSecondmindソリューションのさらなる差別化に貢献してくれるでしょう。彼は、当社のアクティブラーニングを利用したソリューションが、モデルベース・キャリブレーションやシステム設計において自動車メーカーに多大な効率性をもたらしていることを理解しており、SDVのための持続可能な製品開発プロセスの触媒として、当社がもたらすであろう影響も理解しています。リーダーシップチームと私は、SecondmindにKaiが加わったことに非常に興奮しており、生産的で実りあるコラボレーションができることを楽しみにしています。"

Share
,,